資産管理業務のマーケットリーダー
日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社
サイトマップ HOME English

CSR[企業の社会的責任]

日本トラスティ・サービス信託銀行は、CSR(企業の社会的責任)を「お客様満足度(CS)の向上」、「従業員満足度(ES)の向上」および「環境保全・社会貢献活動」の3つの視点でとらえています。
「お客様満足度(CS)の向上」は当社の最重要の経営化課題として掲げるものですが、これには「従業員満足度(ES)の向上」が不可欠と考えています。
また、社会的公器としての事業を担っているとの自認のもと、社会との調和を継続していくことが重要であると認識し、CSRの一環として、以下のような環境保全・社会貢献活動を行っています。
活動の体制 環境保全・社会貢献活動
CSR活動指針

活動の体制

このページのトップへ

環境保全・社会貢献活動

1. 環境保全への取組み
  日本トラスティ・サービス信託銀行は、以下のアクションプランに取り組んでいます。
 
【エコ製品を選んで買おう】 当社で使用する事務用品全面的に見直し、グリーン購入法適合商品に大幅に入れ替えました。
【過剰包装を断ろう】普段、何気なく受け取っているレジ袋。役職員に対して、エコバッグの利用を奨めています。またごみの分別を徹底してリサイクルを推進しています。
【軽装で勤務しよう】 当社では、役職員に対して、年間を通じて軽装(カジュアル)での勤務を励行しています。当社へご来訪の皆さまも軽装でお越しください。
【電気はこまめに消そう】 使用していない部屋の電気をこまめに消すことで、節電を推進しています。
   
2. ボランティア活動への取組み
  役職員による清掃ボランティア活動への参加など、様々なボランティア活動の情報提供や参加促進を実施しています。
3. 次世代育成支援への取り組みについて
 

当社は、職員の仕事と子育ての両立を図るための雇用環境や、多様な働き方を選択出来る労働条件等の整備を進めるなど、次の世代を担う子どもたちの育成支援に取り組んでまいりました。

その結果、次世代育成支援対策に積極的に取り組んでいる企業として認められ、平成21年4月、平成24年9月に続き、平成27年3月にも次世代育成支援対策推進法に基づく『基準適合一般事業主』の認定を受けています。

具体的には、以下の育児支援制度の整備状況や育児休業率などが認定基準をクリアしました。

・育児休業:子が2歳に達するまで休業可、当初1週間は有給
・育児勤務:小学校3年生終了まで残業の免除や短時間勤務可(最大2時間)
・育児時間:1日30分ずつ2回取得可

現在、平成27年1月1日から平成28年12月31日までの行動計画を策定し、取組みを進めております。引き続き、次世代育成支援への取り組みを積極的に進めていく所存です。

『両立支援のひろば』に当社の行動計画を掲載(21世紀職業財団のサイトへのリンク)
4. AED(自動体外式除細動器)の設置
 
晴海本店および府中事業所の複数の場所にAEDを設置しています。
AEDとは、心肺停止の際に心室細動を取り除く機器です。AEDは一般の人でも簡単に操作できるように設計されており、心肺蘇生法としてAEDを心臓マッサージや人工呼吸と合わせて使うことによって救命率の向上を図ります。最近では公共機関や駅などにおいて広く普及しています。
 
5. 当社職員によるCSR活動
 
  【主なボランティア活動】    
 

[18年9月9日・19年6月9日・19年11月3日・20年6月7日・20年9月6日・22年6月12日]
お台場海浜公園で開催されている 「東京湾クリーンアップ大作戦」に参加して、清掃ボランティア活動を継続的に実施しています。

[23年3月〜]

東日本大震災被災地での復旧活動が本格化しボランティアの必要性が高まるなか、従業員有志による被災地でのボランティア活動をサポートする等の復興活動への積極的な支援を行っています。

 
  【プリペイドカード収集運動】    
  [18年12月〜19年3月]
当社内でプリペイドカード収集運動を実施しました。
10,582枚収集し、国内のボランティア団体へ寄付いたしました。
(使用済プリペイドカードは、換金されて東南アジア各国の支援に役立てられます。)
 
  【献血活動】    
 

[19年5月23日]
東京都赤十字血液センターによる社内献血を実施しました。
当日は、100名を超える役職員が参加し、献血に協力することができました。

[20年1月29日・30日]

晴海トリトンスクエアビルにて行われた献血活動に46名の役職員が参加し、献血に協力しました。
[20年7月16日・17日]
晴海トリトンスクエアビルにて行われた献血活動に98名の役職員が参加し、献血に協力しました。

[21年1月28日・29日・30日]
晴海トリトンスクエアビルにて行われた献血活動に109名の役職員が参加し、献血に協力しました。

[21年7月15日・16日・17日]
晴海トリトンスクエアビルにて行われた献血活動に135名の役職員が参加し、献血に協力しました。

[22年1月27日・28日・29日]
晴海トリトンスクエアビルにて行われた献血活動に126名の役職員が参加し、献血に協力しました。

[22年7月20日・21日・22日・23日]
晴海トリトンスクエアビルにて行われた献血活動に138名の役職員が参加し、献血に協力しました。

[23年1月26日・27日・28日]
晴海トリトンスクエアビルにて行われた献血活動に97名の役職員が参加し、献血に協力しました。

[23年7月5日・6日・7日・8日]
晴海トリトンスクエアビルにて行われた献血活動に98名の役職員が参加し、献血に協力しました。

[24年1月25日・26日・27日]
晴海トリトンスクエアビルにて行われた献血活動に94名の役職員が参加し、献血に協力しました。

[25年度]

晴海トリトンスクエアビルおよび府中事業所で行われた献血活動に役職員が参加し、献血に協力しました。

 

 
  【エコバック配布】    
 

[20年1月7日]
当社が参加する「チーム・マイナス6%」のアクションプログラムの一つである「過剰包装を断ろう」の定着を進めるため、全役職員にエコバッグを配布し、レジ袋の削減を呼びかけました。

 
  【救命講習の受講】    
 

[20年2月21日]

近隣の消防署より講師の方をお招きして、普通救命講習を開催しました。当日は、@応急手当の必要性、 A早期除細動の必要性、 B心肺蘇生法(30:2)のAEDの使用手順、 C異物除去法などの講義や実技があり、参加した17名の役職員が、救命技能認定を受けました。


また、社内にAEDを設置したことに伴い、役職員に対し、AEDの使用方法と救命救急法の講習および実習訓練を実施しております。

 
このページのトップへ
会社情報
社長メッセージ
会社概要
業務内容
フィデューシャリー・デューティーに関する取組方針
リスク管理体制
コンプライアンス体制
内部監査体制
CSR[企業の社会的責任]
採用情報
勧誘方針 利益相反管理方針 金融の円滑化に関する基本方針 特定投資家制度・期限日 個人情報について
当サイトの取扱いについて お客様の声 お問い合わせ・ご相談等の窓口
Copyright2010(c)Japan Trustee Services Bank,Ltd. All rights reserved.