リスク管理体制

日本トラスティ・サービス信託銀行は資産管理業務に特化した信託銀行として、リスクの的確な把握とコントロールを通じて経営の健全性の確保と収益性の向上を図るため、リスク管理を経営の重要課題と位置付け、その体制を整備しています。
さらに、リスク管理体制の有効性を確保するために、外部監査法人による信託財産の内部統制監査やシステム外部監査により、定期的に外部の客観的なチェックを受けています。

リスク管理体制図

リスク管理体制図

リスク管理審議会(オペリスク会議)

法務・コンプラ、人的等全てのリスクサブカテゴリーを対象としたオペレーショナル・リスクに関する全社横断的な調整、オペレーショナル・リスク管理施策の推進、管理態勢の強化等を図るための検討・審議を行う機関。

リスク管理審議会(ALM会議)

当社の銀行業務における与信行為に関する事項、資産・負債の総合管理に係る事項、市場リスク、資金繰りリスクの運営・管理に関する事項等の審議を行う機関。

オペレーショナル・リスク管理体制

オペレーショナル・リスクとは、内部プロセス・人・システムが不適切もしくは機能しないこと、または外部要因により損失を被るリスクのことで、事務リスク、情報セキュリティリスク、システムリスク、法務・コンプライアンスリスク、イベントリスク、風評リスクおよび人的リスクによって構成されています。
当社は、資産管理業務に特化している信託銀行というリスクプロファイル上、リスク全体に占めるオペレーショナル・リスクの比重が高いと考えられます。堅確な内部管理体制を構築することにより当該リスクの発生を未然に防止するとともに、リスク顕在化の際には経営に対する影響を極小化することを基本方針とし、これを「オペレーショナル・リスク管理方針」に定めています。
こうしたオペレーショナル・リスクを特定・評価・モニタリングするために、全社レベルでのCSA(コントロール・セルフアセスメント)を定期的に実施し、リスクのコントロール・削減に努めています。

信用リスク管理体制

市場リスク管理体制

資金繰りリスク管理体制

資金繰りリスク管理体制図